アレクサ対応充電器のイメージ

自動車にAmazon.com(アマゾン)の音声アシスタント「Alexa(アレクサ)」を搭載できる装置が登場した。モバイルバッテリーなどで知られるAnker(アンカー)の新製品だ。

アレクサは、人間と会話するように音声で呼びかけるだけで、アマゾンのインターネット通販を利用できるのはもちろん、ニュースを読み上げたり、音楽を再生してくれたり、ネットを通じて誰かと連絡をとったりできる。

従来アレクサを使うには、家庭の居間などに置くスマートスピーカー「Echo(エコー)」などを経由するのが普通だったが、最近はクルマの中でも使えるようにしようという動きが進んでおり、アンカーの出した製品「Roav VIVA」もその1つ。

車載充電器にマイクなどを組み込んでおり、スマートフォンと連携。アレクサとの会話機能がある。使い方はスマートスピーカーと同様だ。またスマートフォンのアドレス帳を参照し、電話をかける相手を選ぶこともできる。

2つのUSBポートがついていて、いずれもアンカー独自の高速充電技術「PowerIQ」に対応している。

アレクサ対応充電器のイメージ

Amazon.comでの販売金額は49.99ドル(約5,600円相当)。目下は米国のみを対象としている。今後、日本展開があるのかどうかが気になるところ。

もちろん普段からSiriが使えるiPhoneや、Googleアシスタントが使えるAndroidスマートフォンを車載ホルダーなどに設置している人は、わざわざこうした機器を追加で取り付ける利便性はないとも考えられるが、しかしいずれ意外な用途が見つかるかもしれない。