いわとろ丼のイメージ

和食レストラン「大戸屋ごはん処」は、炭火焼きのイワシとトロロがのった「いわとろ丼」を11月30日まで期間限定で販売する。価格は898円(税込)、カロリーは635kcalだ。

正式名は「いわとろ丼とたっぷり野菜の 麦みそ汁」。野菜を多く使った副菜や汁物が添えてあり、健康を意識したメニューだ。厚生労働省が発表している1日に必要な野菜の摂取目標量の約半分がとれる。

丼には根室・花咲港で水揚げした脂ののったマイワシとトロロを合わせており、店内でひいた出汁で作った、出汁醤油を回しかけて食べる。

いわとろ丼の醤油

ミソ汁は、西日本でよく使う麦ミソ入り。原料に麦麹を含み、自然な甘みがあり、香りの強い。九州地方や山口県、愛媛県などで普及している。汁の実は白菜やにんじん、しめじ、三つ葉などの野菜だ。

いわとろ丼のミソ汁

副菜としては「秋茄子の揚げびたし」がついている。実が引き締まり皮が柔らかめの秋ナスは、皮ごと食べる調理に最適。身体を冷やすといわれる野菜だが、大戸屋ではショウガなどの体を温める食材を加えて仕上げている。

いわとろ丼の副菜