ヤフーの検索データ
夏フェスの検索データ、国内1位は「欅坂46」(出典:ヤフー)

今夏開催する主要な音楽フェスティバルの出演アーティストについて、誰の注目度が高いかがランキングにまとまった。ヤフーが検索データをもとに作成した。

夏フェスでどのアーティストのライブを観るかを検討する際の参考や、新たなアーティストに関心を持つきっかけに役立つという。

対象 は7~8月に開催する7つの夏フェスに7月10日時点で参加が決まっている個人やグループ。具体的には「FUJI ROCK FESTIVAL '17」「WEST GIGANTIC CITYLAND'17」「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017」「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO」「SUMMER SONIC 2017」「MONSTER baSH 2017」「SWEET LOVE SHOWER 2017」。

国内アーティストは「欅坂46」が1位。以下は「BABYMETAL」「ももいろクローバーZ」と続いた。上位3位を女性アーティストが占める。

海外アーティストは「LIAM GALLAGHER」がトップとなり、続いて「CALVIN HARRIS」「FOO FIGHTERS」と、男性アーティストが上位。

国内、国外ともそれぞれランキングには上位50位までがまとまっている。どのフェスで会えるのかといった情報も掲載してあるので、会場に足を運ぶ予定がある人は目を通しておくのは悪くないだろう。