ロブスターの写真

タクシー、リムジンなどの配車アプリケーション「Uber」。利用する人は結構、忘れ物をしていくようだ。このほど米国でよく見つかる品物のランキングをまとめて公開した。

最も多い忘れ物は「携帯電話」に続いて「指輪」だ。映画や小説などではたいせつな形見の指輪をなくしてしまって、といった話があるが、現実にも案外置いていってしまうものらしい。

米国のUberでよく見つかる忘れ物の上位10位までは以下の通り。

 1.携帯電話
 2.指輪
 3.鍵
 4.財布
 5.眼鏡
 6.ハンドバッグ
 7.免許証/IDカード
 8.手袋
 9.充電器
10.サングラス

ほかにUberが選んだ風変わりな忘れものを50種類紹介している。すべて実際に見つかったものだ。

・絵画
・ロブスター
・スイートポテトの贈り物
・小切手
・ギター
・婚約指輪
・ラバーマレット(打楽器などで使われるばち)
・学校新聞
・椅子
・レーザー装置
・チートス(スナック菓子)
・公証人のかばん
・ビリヤードのキュー
・スモークマシン
・高価なノルディックウォーク用ポール
・真珠のイヤリング
・ウエディングドレス
・ハードディスク・ドライブ
・ベビーカー
・防弾チョッキ
・本「罪と罰」
・精神安定剤
・グリルセット
・精肉パック
・コーンホール(ゲーム)のボード
・木の帽子
・宝くじ
・マッサージ器(腰・背中用)
・ローズ・クォーツ(紅水晶)
・マスタード
・聖書
・妖精の切り抜き
・タップハンドル(工具)
・高価なスリッパ
・ハリー・ポッターの眼鏡
・サルサ・ベルデ(緑のサルサソース)
・カイト(凧)
・ケープ
・鉢植え
・テレビゲーム(任天堂製)
・犬用セーター
・コンタクトレンズ
・日記
・チケット
・アームスリング(三角巾)
・テーザー銃 (スタンガン)
・掃除機
・宝石箱
・現金行嚢
・バイオリン

どれも物語の書き出しにぴったりの小道具になりそうだ。とはいえ、実際に客が車内にロブスターを残していった際は、ドライバーはやや困ってしまっただろう。またウェディングドレスなどは忘れていった客にとって大事になったのではないかと心配してしまう。

なお、Uberは、忘れ物をしてしまった人向けに問い合わせ方法などを動画(英語)で案内している。