トルクの製品写真
鉄板に落としても平気

頑丈さがうりのフィーチャーフォン(従来型携帯電話)「TORQUE(トルク)」の新モデルを、KDDI(au)が2月24日に発売する。米国国防総省の調達基準に準拠した防水、防塵性能に加え、1.8mの高さから鉄板・コンクリートへ落としても壊れない耐衝撃性能を誇る。

トルクは京セラのブランドでスマートフォン、フィーチャーフォン双方を展開しているが、今回は後者を刷新。折りたたみ式ながら強靭(きょうじん)な製品として仕上げている。

-10度の寒さの中で凍り付いても、60度のうだるような暑さの中でも動作し続ける温度耐久、高度約4,572mの山に相当する気圧の低い環境でも耐える低圧対応など、アウトドアのさまざまな場面での利用に配慮した仕様だ。

天気や気圧、温度など8種の情報をいつでも確認することが可能。また手が離せないときに重宝する「読み上げ通知機能」も備え、気温、高度、気圧などを定刻に読み上げてくれる。さらに登山者から要望の多かった「圏内・圏外通知機能」を搭載しており、知らないうちに携帯電話の電波の届かない範囲に出るのを防げる。

トルクの各種機能スクリーンショット
気温、天気などを手早く確認

大音量のデュアルフロントスピーカーを内蔵し、強風や雨、川の音などがあっても着信音やメールの受信音を聞き逃しにくい。ディスプレイには光の乱反射を抑える構造を採用し、スキーやスノーボードなどで直射日光下のゲレンデにいても見えやすい画面になっている。

またフィーチャーフォンらしいハードキーは、手袋をしていても押しやすい大きく凹凸のある作りになっている。このほか野山の暗がりのなかで他人に自分の存在を知らせる点滅機能がついた「簡易ライト」、クマ除けの鈴にもなる「ブザー」を備える。

CPUはクアッドコアのQualcomm MSM8909(1.1GHz)。メモリー容量は1GB、ストレージ容量は8GB。カメラは約1,300万画素。おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信など往年の「ガラケー」風機能も充実しており、PCやタブレットをインターネットにつなぐテザリング機能もある。

本体カラーはレッドとシルバーの2種類。重さは約182g。