スーパーマリオラン
スーパーマリオランのAndroid版は3月公開(出典:任天堂)

話題のゲーム「Super Mario Run(スーパーマリオラン)」が3月からiPhoneだけでなくAndroid版スマートフォンでも遊べるようになる。「Google Play」で事前登録すると、配信開始の通知を受け取れる。

スーパーマリオランは、人気シリーズ「スーパーマリオブラザーズ」のキャラクターが登場し、片手で簡単に遊べるアプリ。主人公のマリオなどが画面を進んでいく途中でうまく画面をタップするとジャンプなどの動作が発生し、難関を乗り越えられるようになっている。

基本無料で一部の機能が利用できるほか、1,200円の料金を支払うとすべてが遊べる。

iPhone版は2016年末に公開しており、Android版はそれに続くもの。説明をみるかぎり、どちらも機能などに大きな差はないもよう。恐らく料金なども同じだろう。

他のスマホゲームも続々

ファイヤーエムブレムヒーローズ
ファイヤーエムブレムヒーローズは2月登場

なお、任天堂は2017年中にiPhoneやAndroidスマートフォン向けに、さらに複数のタイトルを投入する方針を明らかにしている。すでに「どうぶつの森」「ファイアーエムブレム(FE)」という、ともにゲーム専用機で人気のシリーズからそれぞれ新作を出すと発表済み。

そのうちFEについては、「ファイアーエムブレムヒーローズ」という題名で2月2日公開予定だ。こちらも事前登録を受け付け中だ。

任天堂の公開した映像
スーパーマリオランと異なり、アイテム課金のような映像も紹介している(出典:任天堂)

任天堂が公式サイトに掲載している紹介映像では、有料でゲーム内アイテムを購入し、キャラクターを無作為に入手する、いわゆる「ソーシャルゲーム」の「ガチャ」を思わせる仕組みも登場しており、スーパーマリオランとは異なる料金になりそうだ。