ニンテンドースイッチの写真
ニンテンドースイッチの詳細が発表(出典:任天堂公式Twitter)

任天堂の新型ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」の詳細が明らかになった。3月3日発売で、希望小売価格は2万9,980円(税別)。

ニンテンドースイッチは外に持ち歩ける携帯ゲーム機としても、家庭のテレビにつなぐ据え置きゲーム機としても使える。

ニンテンドースイッチの携帯ゲーム機モード
携帯ゲーム機にもなる(出典:任天堂公式Twitter)

スマートフォンなどのアプリと連携し、友達と遊ぶ時間の約束や、ゲームを遊びながらの通話などが可能。Wi-Fiでインターネットに接続し対戦などが可能。また本体を持ち寄れば狭い範囲で相互につながって最大8台で同じゲームを遊べる。

バッテリー持続時間は約2時間30分から6時間30分程度。またUSB Type-CでACアダプターやモバイルバッテリーなどとつなぎ給電しながら使い続けられる。

任天堂に加え50社を超える企業が、およそ80作品のゲームを開発中だ。すでに明らかになっているタイトルとして「ドラゴンクエストXI(11)過ぎ去りし時を求めて」や「Splatoon(スプラトゥーン)2」などが挙がっている。

スプラトゥーン2のイメージ
うわさ通りスプラトゥーン2が登場(出典:任天堂公式Twitter)

ドラゴンクエスト
ドラゴンクエストX(10)、XI(11)なども(出典:任天堂公式Twitter)

また住んでいる地域ごとに遊べるゲームが異なる「リージョンロック」を原則としてかけないとしているので、海外向けに登場したゲームを簡単に楽しめるかもしれない。