250ccの新型ロードスポーツバイク、スズキ「GSX250R」

250ccの新型ロードスポーツバイク「GSX250R」が4月17日にスズキから販売開始される。

250ccの新型ロードスポーツバイク、スズキ「GSX250R」

「GSX250R」は、2016年11月にイタリア・ミラノショーで発表されたロードスポーツバイクのグローバルモデル。街乗りにおける日常的な扱いやすさとスポーティーなスタイリングを特長としている。

250ccの新型ロードスポーツバイク、スズキ「GSX250R」

搭載される2気筒エンジンは、フリクション低減や燃焼効率向上を図ることで、街乗りで多用する低中速の扱いやすさを重視した出力特性とされた。最高出力は18kW/8,000rpmで、最大トルクは22Nm/6,500rpmとなっている。

250ccの新型ロードスポーツバイク、スズキ「GSX250R」

デザインは、「アーバンアスリート」がコンセプト。テールカウル先端に向けてコンパクトにラインが集合するスポーティーなものとした。ヘッドライト左右に配置した吸気口とポジションランプが、スズキのスポーツバイクであることをアピールしている。

250ccの新型ロードスポーツバイク、スズキ「GSX250R」

装備としては、黒基盤に白字を表示するネガ液晶を採用した、視認性の高いフルデジタル表示の多機能メーターが採用されている。これには、設定されたエンジン回転数に到達するとランプの点灯/点滅でシフトチェンジのタイミングを知らせるRPMインジケーターが備えられた。その他、快適なライディングポジションを実現するセパレートタイプのハンドルバーや前後分離式シートなどが採用されている。

250ccの新型ロードスポーツバイク、スズキ「GSX250R」

車体色は、赤/黒「キャンディカーディナルレッド/パールネブラーブラック」、黒「パールネブラーブラック」、青/白「クリスタルブルーメタリック/パールグレッシャーホワイト」の3色を設定。メーカー希望小売価格は52万7,040円(消費税込み)。