折り紙顕微鏡「Foldscope」-紙製ながら倍率140倍

「Foldscope」は、そのパーツのほとんどが紙製の折り紙顕微鏡。ポケットに入るサイズかつ低価格ながら、140倍の倍率を持っている。

折り紙顕微鏡「Foldscope」-紙製ながら倍率140倍
折り紙顕微鏡「Foldscope」

使用するには、観察対象をプレパラートに挟み、「Foldscope」に装着する。あとはレンズに目をあてれば、肉眼では見るのが難しい小さな世界を覗くことができる。

折り紙顕微鏡「Foldscope」-紙製ながら倍率140倍
観察対象をプレパラートに挟み

折り紙顕微鏡「Foldscope」-紙製ながら倍率140倍
「Foldscope」に装着

折り紙顕微鏡「Foldscope」-紙製ながら倍率140倍
レンズを目にあてれば

折り紙顕微鏡「Foldscope」-紙製ながら倍率140倍
小さな世界を覗くことができる

LEDライトも付属。「Foldscope」はスマートフォンと組み合わせて使用することもできるが、LEDライトはそのような観察環境でも便利だ。

折り紙顕微鏡「Foldscope」-紙製ながら倍率140倍
スマートフォンで写真やビデオを撮影することも

一般的な顕微鏡だと、非常に湿度の高い場所では鏡筒に水がたまったり、レンズが曇ったりして、観察が困難になったり、顕微鏡が短期間で故障したりすることがあるそうだ。だが「Foldscope」は防水紙で作られていることもあり、湿度の高い地域でも使用できるという。

折り紙顕微鏡「Foldscope」-紙製ながら倍率140倍
構造的に、レンズが曇りにくいという

紙製と聞くと、耐久性に疑問を持ってしまう。だが開発元は、「Foldscope」は2,000回以上の観察が可能だとしている。

折り紙顕微鏡「Foldscope」-紙製ながら倍率140倍
「Foldscope」による観察の例

折り紙顕微鏡「Foldscope」-紙製ながら倍率140倍
「Foldscope」による観察の例

開発元のFoldscopeは現在、kickstarterで「Foldscope」に対する支援者を募集中。寄付することで「Foldscope」の大量生産に向けたサポートができる。新興国の子どもたちに「Foldscope」を格安で届ける手助けもできるかもしれない。

折り紙顕微鏡「Foldscope」-紙製ながら倍率140倍
価格が安いので、“学校に1台”ではなく、
“1人1台”を実現できる

出資することで、「Foldscope」を入手することもできる。20ドルの出資で、メタルケース付きの「Foldscope」を1個入手可能だ。

折り紙顕微鏡「Foldscope」-紙製ながら倍率140倍
セット内容物

出荷は2017年の8月に予定されている。いま申し込めば、来年の子どもの夏休みの自由研究に間に合うかもしれない。

折り紙顕微鏡「Foldscope」-紙製ながら倍率140倍
通常の顕微鏡を持ち込めない場所での観察