手首を鍛えながらスマートフォンに充電できる「HandEnergy」

パワーボールとは、ジャイロを活用したトレーニング器具。内部にボールが組み込まれていて、このボールを回転させることで握力や手首の筋肉を鍛える。ボールを回転させるにはコツがいるが、慣れれば高速で回転させられるようになる。トレーニングになるだけでなく、やっていて楽しいというメリットも。

「HandEnergy」は、パワーボール内部のボールの回転を、発電に利用するデバイス。アイルランドに本拠を置くBe.Energyが開発した。

手首を鍛えながらスマートフォンに充電できる「HandEnergy」  
パワーボール内部のボールの回転を、発電に利用する「HandEnergy」

使い方は一般的なパワーボールと同じ。内部のボールを回転させ、その回転を維持する。すると、その回転エネルギーが電気エネルギーに変換され、内部のバッテリーに充電されるという仕組みだ。

手首を鍛えながらスマートフォンに充電できる「HandEnergy」  
回転エネルギーを電気エネルギーに変換
内部バッテリーを充電する

「HandEnergy」下部には5V 1AのUSBコネクタが付属しておりこれにスマートフォンやタブレットを接続して充電する。

手首を鍛えながらスマートフォンに充電できる「HandEnergy」  

「HandEnergy」には専用のアプリが用意されている。このアプリを使用すれば、現在の充電状況を表示可能だ。その他、利用者が何時間程度「HandEnergy」を使用して発電したか(=手首を鍛えたか)、1分間あたり何回転の速度で回していたか、なども表示できる。

手首を鍛えながらスマートフォンに充電できる「HandEnergy」  
何台のスマートフォンを充電できるか?なども表示される

同様の製品としては、災害時などに使用する手回し式発電機などがすでに存在している。だが「HandEnergy」はそれらと比較して、よりパワフルに、より楽しく発電できるというメリットがある。

手首を鍛えながらスマートフォンに充電できる「HandEnergy」  
手回し発電機よりも、ずっと楽しく発電可能!

また、スマートフォンやタブレット用の発電機としては、ソーラーパネルを装備したものも多い。だがこのタイプは発電量が天候に左右されるだけでなく、夜間には発電できない。「HandEnergy」であれば、夜間であっても発電可能というメリットを持っている。

手首を鍛えながらスマートフォンに充電できる「HandEnergy」  
「HandEnergy」 なら、夜間でも発電可能

Be.Energyは現在、「HandEnergy」の市販化に向けてクラウドファンディングサイトkickstarterで出資者募集のキャンペーンを実施中。本稿執筆時点では、79ユーロの出資で「HandEnergy」を1台入手可能だ。キャンペーン終了後の市販価格は99ユーロになる予定。出荷は2017年5月に予定されている。

手首を鍛えながらスマートフォンに充電できる「HandEnergy」