キングジムは、子どもの迷子防止を図るスマートフォン対応ツール「デジタルまいごひも MA150」を5月15日に発売する。子どもの服などに付けたタグが保護者からある程度以上離れると、保護者のスマートフォンのアラームを鳴らして警告してくれる。メーカー希望小売価格は3,800円(税別)。

キングジムがまたやってくれた!スマホで迷子防止「デジタルまいごひも」
スマホで迷子防止「デジタルまいごひも」

「デジタルまいごひも」は、さまざまな製品が販売されているスマートフォン対応の置き忘れ防止キーホルダーと同様の仕組みで子どもの迷子を防止するデジタルツール。無償提供される同名のアプリケーション(iOS 版、Android 版)をスマートフォンにインストールしておき、Bluetooth で連携させた「デジタルまいごひも」本体を子どもの服や持ち物に付けておくと、子どもがスマートフォンから離れるとアラームが鳴る。本体は大きさが幅30×厚さ8×高さ 37mm ほど、重さが約 7g なので、子どもの負担にならないだろう。

Bluetooth 連携で迷子にさせない (出典:キングジム)
Bluetooth 連携で迷子にさせない
(出典:キングジム)

アラームが鳴るまでの距離は 8m から 30m までの4段階で指定可能なため、店舗内や広い公園など場所に合わせて設定するとよい。また、指定した範囲を超えても、ある設定時間が経過しないと警告させないようにできる。

スマホ1台で5個まで使える (出典:キングジム)
スマホ1台で5個まで使える
(出典:キングジム)

製品名は「デジタルまいごひも」で子どもの迷子防止が主目的だが、ペットの迷子防止はもちろん、自分の荷物に付けて紛失/置き忘れ防止にも使える。

置き忘れ防止にも (出典:キングジム)
置き忘れ防止にも
(出典:キングジム)

「デジタルまいごひも」の紹介ビデオ

なお、事務用品メーカーのキングジムは「創業者が『事務の王様』になりたいと願いを込めた」社名だけあり、自由な発想の製品を数多く出している。最近のものだと、タッチパネル用コーティング剤「iガラコ」、騒音をシャットアウトする「デジタル耳せん」、名前がユニークな名刺管理ガジェット「メックル」などがある。さらに、“これが事務用品なのか?”という疑問の残るオフィス用の人型寝袋「オフトゥン」が話題になったことも記憶に新しい。

オフトゥンは事務用品なの?
オフトゥンは事務用品なの?