路上に散ったゴミを把握する人工知能
路上に散ったゴミを把握する人工知能

人工知能(AI)技術を使って、ゴミのポイ捨て状況を調査するとうたったシステム「タカノメ」が登場した。東京都のピリカという企業が運営する。

タカノメは、専用アプリケーションを入れたスマートフォンを持って街を歩きながら路面の動画を撮影し、その内容を画像解析して落ちているゴミの種類や数量を計測し、地図上に表示する。

スマートフォンで路面を撮影する男性
いきなり人力!スマートフォンを持って撮影

AIの解析結果をチェックする人々
さらにAI技術による解析結果を目視で確認

ポイ捨て状況をヒートマップとして表示
ポイ捨て状況をヒートマップとして表示

これまで複数の地方自治体などで、このシステムを使って調査をし、十分な精度と効率を確保できると分かったため、正式サービスを始めるのだという。

街の清掃の効果を測定したり、最適化によるコストを図ったり、喫煙所やゴミ箱設置の位置を改善したり、ポイ捨て防止パトロールのルートを決める参考にできる。