東京・お台場を走る交通機関「ゆりかもめ」の全駅で、無料のWi-Fiサービスが使えるようになった。スマートフォンなどで月々のデータ通信量を気にせずアプリケーションなどが使える。同人誌即売会「コミックマーケット」などお台場で開催するイベント参加時に便利かもしれない。

以前からソフトバンクなどが手掛けている「東京お台場FreeWiFi」の範囲が広がった。このサービスはメールアドレスを登録すれば、1日1回連続30分間接続できる。

新たに利用できるようになったのは「汐留」「竹芝」「日の出」「芝浦ふ頭」「テレコムセンター」「有明テニスの森」「市場前」「新豊洲」の各駅。ゆりかもめのほかの駅ではすでに使えるようになっている。

駅以外にも、この無料Wi-Fiにつなげられる施設が増えている。具体的には「デックス東京ビーチ」「東京ファッションタウンビル」「有明コロシアム」だ。これに加えすでに導入済みの施設の一部でも、利用できる範囲が広がった。「日本科学未来館」「MEGA WEB」「ヴィーナスフォート」「東京ジョイポリス」「有明フロンティアビル」がそうだ。

詳細な情報については公式サイトにある地図を確認されたい。

なお、ソフトバンクのスマートフォンなどを使っている人は、「ソフトバンクWi-Fiスポット」として制限なく利用することも可能。