「ねとらぼ」といえば日本を代表するバイラルメディアの1つであるが、2015年10月末に登場した姉妹版「ねとらぼエンタ」も好調だそう。2016年1月時点で閲覧数は1,000万PVを超えたという。

ねとらぼは周知の通りITに関する話題を扱うニュースサイト「ITmedia」から派生したバイラルメディアで、インターネット上のさまざまなゴシップやジョークを取り上げ、人気を集めている。

さらに、ねとらぼから派生した姉妹版がねとらぼエンタ。ネット上で話題になっている、あるいはこれから話題になりそうな「エンタメ情報」だけを取り上げているのが特徴。

しかし実のところ、ねとらぼ本体からして、もともとかなりエンターテインメント寄りの話題が多かった。また、ねとらぼエンタのトップページをのぞいても、ねとらぼ本体とデザインはとても似ており、かわいく楽しいWeb漫画「つまさきおとしと私(つまわた)」なども載っているので、熱心な読者でない限り、まだ違いはよく分からないのではないだろうか。

今後はマスコットキャラクターなども含め、ねとらぼ本体との差異化を期待したいところ。なお、ねとらぼエンタはTwitterでも活動中。やはり、ねとらぼ本体とアイコンが似ているが、こちらも独自の展開があるのか興味深い。