テワタサナイーヌ(出典:TINAMI)
テワタサナイーヌ(出典:TINAMI)

警視庁公認キャラクター「テワタサナイーヌ」が、創作SNS「TINAMI」とコラボレーション。イラストコンテストを開催すると発表した。特殊なファンに人気のキャラクターだが、果たしてどんな作品の応募があるのだろうか。

内閣官房がサイバーセキュリティ対策のため人気アニメとタイアップする時代だが、警察組織もアニメやマンガといった文化を取り込みつつ、影響力を高めようとしている。

警視庁は以前から「犯罪抑止対策本部」としてTwitterに公式アカウントを開設し、くだけた言動で人気を集めつつ、振り込め詐欺などの防犯対策を丁寧に周知してきた。その一環として2013年に生まれたのが「テワタサナイーヌ」。現金手渡し型の振り込め詐欺を阻止するために、かわいらしい姿で注意を呼びかける。

イヌのような耳に緑色の髪の毛と瞳を持つ架空の女性で、名前は「知らない人にお金を手渡さない」と「イヌのお巡りさん」に由来しているそう。

動物の耳やふさふさした毛皮のある生えたキャラクターが好き、という特殊なファンのあいだで話題になってきた。

今回のコンテストではテワタサナイーヌをモチーフにしたイラストを投稿できる「ファンアート部門」だけでなく、一緒に犯罪被害防止の訴求活動をしてくれる新キャラクターを投稿できる「新キャラ部門」がある。

両部門とも最優秀賞1人、優秀賞3人が決まり、優秀作品には警視庁から記念品をもらえるほか、今後の犯罪被害防止の訴求活動で活躍の場があるという。

なお、テワタサナイーヌのコラボレーションは第2弾を予定しており、詳細は2016年2月上旬に告知予定とのこと。