ジャストシステムが実施した、無料メッセージ/通話アプリケーション「LINE」に関するアンケート調査によると、LINE ユーザーの半数近くが、「LINE は生活の一部」と回答したという。

LINE ユーザーに、LINE が生活の一部となっているかを聞いたところ、「あてはまる」が16.9%、「ややあてはまる」が31.7%で、合計48.6%の人が LINE は生活の一部となっていると回答した。また、LINE を「毎日起動する」人は70.2%で、そのうち日に11回以上起動する人の割合は28.5%だった。


「LINEは生活の一部」とユーザーの半数近くが実感、「毎日起動」は7割
公式アカウントに対する反応についての質問

フォローしている公式アカウントに対する反応ついては、「トークの情報から実施中のキャンペーンに参加した」ことがある人は36.0%、「トークの情報からクーポンを利用して購買した」ことがある人は35.1%、「トークの情報からお店に行った」ことがある人は26.4%だった。

一方、タイムラインの投稿に対する反応については、「タイムラインの企業投稿を見て、URL をクリックしたことがある」人は36.8%、「タイムラインの企業投稿から LINE クーポンを利用したことがある」人は27.6%、「タイムラインの企業投稿に対して「いいね」をしたことがある」人は22.6%だった。

また、LINE から新しいサービスが出れば現在利用中のサービスから乗り換えを検討するかという質問では、「あてはまる」が7.7%、「ややあてはまる」が24.4%と、3割以上の人が乗り換えを検討することがわかった。

同アンケートは、事前の調査で「LINE を利用している」と回答した10代から50代の男女1,000名に対して実施した。