フォルクスワーゲン 新型「Tiguan」に2.0TSIエンジンを搭載した四輪駆動モデル「TSI 4MOTION」を追加設定

フォルクスワーゲン ジャパンは、新型「Tiguan(ティグアン)」シリーズに「TSI 4MOTION(ティーエスアイ フォーモーション)」を追加設定し、9月21日に受注を開始した。出荷は11月から順次開始される予定。

フォルクスワーゲン 新型「Tiguan」に2.0TSIエンジンを搭載した四輪駆動モデル「TSI 4MOTION」を追加設定

エンジン

「TSI 4MOTION」には、最高出力140kW(190PS)、最大トルク320Nmを発生させる2.0TSIエンジンを搭載した。最大トルクを発生する回転数が1,500rpmから4,100rpmと広いトルクバンドを特徴とするエンジンをフォルクスワーゲンの四輪駆動システム4MOTIONと組み合わせることで、高いロードホールディング性能を備えた四輪駆動モデルとしている。


グレード構成

グレードは、「Active」「Active Advance」「R-Line」の3グレード構成とした。

Active

エントリーグレードの「Active」には、1.5L TSIエンジンと同様の装備が与えられている。さらに4MOTIONアクティブコントロールやヒルディセントアシスト、ドライビングプロファイル機能などを装備した。

Active Advance

「Active Advance」グレードには、LEDマトリックスヘッドライト“IQ.LIGHT”やフォルクスワーゲン純正インフォテイメントシステム“Discover Pro”、デジタルメータークラスター“Digital Cockpit Pro”などの先進装備を標準設定している。

R-Line

上級グレードの「R-Line」では専用の内外装に加えて、アダプティブシャシーコントロール“DCC”やレザーシートなどのオプションを選択可能とした。

全国希望小売価格

全国希望小売価格は次の通り。
TSI 4MOTION Active(2.0 TSI/7DSG):479万2,000円
TSI 4MOTION Active Adavance(2.0 TSI/7DSG):518万8,000円
TSI 4MOTION R-Line(2.0 TSI/7DSG):581万6,000円