つくる社は、プログラミングを感覚的に理解し、現実にモノを動かすことを学べる iOS 用アプリ「Scratch2Romo」(スクラッチトゥロモ)の配信を、2月下旬に開始する。試用版は無料、完全版の価格は1,500円。

知育ロボット「Romo」(ロモ)と、米国マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボが開発した教育用プログラミング環境「Scratch」(スクラッチ)を使ったもの。


Romo は、米国サンフランシスコの Romotive(ロモティブ)社が開発した、体験型のエデュケーショナルロボット。iPhone や iPod touch で操作できる。

Scratch2Romo では、Romo と Scratch をつなぐことで、Scratch 上で Romo を操作するプログラムを、色や形が異なるブロックを組んで、実際に動きを確認しながら作ることができる。

Romo を前後左右に動かしたり、好きな言葉をしゃべらせる命令を送ったり、反対に Romo の方向や音の大きさ、加速度センサの値を Romo から読み取り、Scratch のインタラクティブな物語、アニメーション、ゲーム、音楽などを製作できるプログラミング環境に反映し、バーチャルとリアルを行き来できる。

また、Romo と Scratch を使用し、キャラクターを動かしながら起承転結を組み立て、簡単な物語を創ることができる。

Scracth2Romo は、Romo と Scratch をつなぎ、Scratch 上で Romo を操作できるプログラムをつくることができるように、コネクタの役割をする。Romo にドッキングした iPhone に Scratch2Romo をインストールし、同一ネットワーク上の PC にインストールされた Scratch や iPad 上のピョンキーと Wi-Fi 接続すると使用できる。

知育ロボット操作用プログラムが作れる iOS 用アプリ「Scratch2Romo」
知育ロボット「Romo」