オンライン英会話サービス「ぐんぐん英会話」を提供するぐんぐんは、全国の中学校・高校を対象とした授業連動型オンライン英会話プログラム「POEC(ポエック)」の提供を開始した。

中高生に特化したオンライン英会話「POEC」提供開始--授業と連動して実践力を養う
「POEC」の受講風景

POEC は、主に全国の中学校・高校を対象に、英語の“リスニング力・スピーキング力”の向上を目的として開発されたオンライン英会話プログラム。各学校の通常授業と連動した学習プログラムと、フィリピン人講師によるオンラインマンツーマンレッスンを特徴としている。


講師との会話には Skype を使用し、ビデオ通話で正しい発音のための口の動きを習得したり、チャット機能を使って英文で意思疎通をしたりと、臨場感あふれるレッスンを受講できるという。また、学力を確実に定着させるため「予習→オンラインレッスン→復習」といった学習サイクルを導入しているそうだ。

レッスンは通常授業の単元と同じ内容で進行する
レッスンは通常授業の単元と同じ内容で進行する

毎日のレッスン時間は30分で、生徒1人あたりのレッスン料金は1か月4,200円。別途端末の手配などが必要だが、マンツーマンながら1日あたり140円という低料金も魅力だ。

なお、サービス開始に先がけ、同社は埼玉県の高等学校の1・2年生21名を対象に先行導入を実施。トライアル実施前と実施後に「GTEC for STUDENTS」を受検してもらいスコアを比較したところ、約80%の生徒のスコアが上昇したという。

大学受験における英語科目の大幅な変更が検討されるなど、急速な教育の「グローバル化」が求められる一方で、講師やプログラムなど教育現場での対応はなかなか追いついていない現状にある。インターネット回線という現代の利点を活かしたオンライン英会話が、その活路となるかもしれない。