KDDI(au)ソフトバンクモバイルで、iPad シリーズの最新モデルを新規契約、購入すると1万4,040円割引になるキャンペーンが始まった。「Always with iPad!キャンペーン」と「iPad 購入サポート」がそれで、8月3日まで期間限定で申し込める。

対象となるのは2013年発売の「iPad Air」と「iPad mini Retina ディスプレイモデル」の Wi-Fi+Cellular モデル。


au とソフトバンク、iPad 最新モデルを1万4,040円割引
au、ソフトバンクそれぞれがキャンペーンを開始

■au

au の Always with iPad!キャンペーンでは、まず機種代金から1万4,040円を割引し、残額を一括払いするか24回の分割払いするかを選べる。適用条件は「LTEフラット for Tab(i)」または「LTE フラット for Tab(i)cp」を新規契約し、「誰でも割シングル★」へ加入すること。

au の既存キャンペーン「スマホセット割」、新キャンペーン「はじまる!データシェアキャンペーン」の両方と組み合わせが可能。

これら3つのキャンペーンを組み合わせ、基本料やパケット定額サービス、インターネット接続サービス(ISP)利用料、「毎月割」を加味した最終コストは、 iPad Air のストレージ容量 16GB モデルで月額3,077円、iPad mini Retina の 16GB モデルが同2,817円。

はじまる!データシェアキャンペーンの制限として9月以降、パケット定額の上限となる通信量が毎月 2GB になるのを我慢すれば、それなりに安く運用できる。 なお、9月からは au スマートフォンと iPad のあいだで通信量の共有が可能になる。

また、Always with iPad!キャンペーンとスマホセット割の2つを組み合わせて同様のコストを計算すると、iPad Air 16GB で月額4,606円、iPad mini Retina 16GB で同4,346円。

■ソフトバンク

ソフトバンクの iPad 購入サポートでは一括払いの場合、機種代金から1万4,040円の割引、分割払いの場合、585円×24回の割引がある。 新規契約かつ、iPad 専用の「ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE」への加入が条件となっている。

ソフトバンクの既存キャンペーン「タブレットセット割」「スマホまとめて割」いずれかと組み合わせが可能。

iPad 購入サポートとタブレットセット割を適用し、さらに基本料やパケット定額サービス、ISP利用料、「月月割」を加味した最終コストは iPad Air 16GB の場合で月額3,077円。iPad mini Retina 16GB は月額 2,817円。タブレットセット割の制限として、9月以降、パケット定額の上限となる通信量が毎月 2GB になる。

一方、iPad 購入サポートとスマホまとめて割を適用して同様のコストを計算すると、iPad Air 16GB で月額4,535円、iPad mini Retina 16GB で同4,275円。