「電話を取り逃がしたら、相手にメールで連絡する」といったスマートフォンの操作を自動で行ってくれる「IFTTT」に Android 向けアプリケーションが登場した。iPhone 版と同様に無料で利用できる。対応 OS は Android 4.0 以降または iOS 7.0 以降。

「電話を逃したらメールを返す」などスマホの操作を自動化する「IFTTT」、Android 版が登場
IFTTT Android 版

IFTTT は2010年に Web サイト版、2013年に iPhone 版を公開し、つどその利便性から注目を集めている。Android 版もほかと同じく 「If this then that(もし…なら…する)」というように、スマートフォンに自動で行ってほしい操作をあらかじめ設定しておける。


例えば「Instagram に写真を投稿したら、それをすぐ壁紙に設定する」「家のそばまで来たら宅内の LED 照明を遠隔操作して点灯させる」「明日雨なら通知する」「母からの電話を取り逃がしたら折り返し電話するとメールで連絡する」といった操作が登録可能だ。

こうした設定は「レシピ」と呼ばれており、誰でも自由に作成できるほか、専用サイトなどに投稿してほかのユーザーと共有できる。誰かが思いついた便利な使い方を簡単に自分も試せる。英語の説明が付いたレシピが多いが、日本語のレシピも増えてきている。