ヤマハ「XSR900」がフルモデルチェンジ

ヤマハ「XSR900」がフルモデルチェンジを受け、2022年モデルとして6月30日に販売開始される。

ヤマハ「XSR900」がフルモデルチェンジ

「XSR900」は、高いパフォーマンスとネオレトロな外観を融合したスポーツヘリテージモデル。人間中心の思想でデザインされた造形と先進技術による走行性能を備え、所有する悦びや跨った時の高揚感、人機一体で乗る楽しさをライダーに提供する。


ヤマハ「XSR900」がフルモデルチェンジ

2022年モデルの開発コンセプトは“The Expert of Equestrian(伝統馬術のエキスパート)”。1. ヤマハレーシングヘリテージを反映した新スタイル、2. 排気量アップ(845cc→888cc)した新エンジン、3. 最新の鋳造技術を駆使した軽量新フレームと軽量ホイール、4. IMUを活用して運転操作を支援する各種制御、5. 新丸型LEDヘッドランプやフルカラーTFTメーター、などを特徴としている。

ヤマハ「XSR900」がフルモデルチェンジ

2022年モデル概要

1. ヤマハレーシングヘリテージを反映した新スタイル

単なるレトロデザインにとどまることなく、最新テクノロジーを融合させてデザインを再構築した。80年代のレーシングマシンが有する機能美にならい、足つきやニーグリップ時のフィット感を考慮したフューエルタンクやサイドカバーなど、走行時も停車時もライダーにとって一体感ある形状としている。

ヤマハ「XSR900」がフルモデルチェンジ

また、ボルトの選定などディティールにもこだわり、かつてのレーサーを想起させる仕上がりとした。

2. 排気量アップした新エンジン

845ccから888ccへと排気量アップし、最高出力120PS、最大トルク93Nmを発生するクロスプレーン・コンセプトの3気筒エンジン(CP3)を搭載した。ピストン、コンロッド、クランクシャフト、クランクケースなど、主要パーツのほとんどを新設計し、軽量に仕上げている。

ヤマハ「XSR900」がフルモデルチェンジ

また新エンジンとのバランスを図るため、新フリクションプレートを織り込んだアシスト&スリッパ―クラッチ、レシオを最適化した(1・2速をハイギアード化)トランスミッションを採用した。

3. 最新の鋳造技術を駆使した軽量新フレームと軽量ホイール

・ フレーム
最新の製造技術を駆使した最低肉厚1.7mmの新フレームを採用。軽快な運動性を支え、デザインの自由度を大きく高めている。

剛性特性では直進安定性と操縦性を両立させるために、縦・横・ねじり剛性を最適化。とくに横剛性は従来比で約50%アップし、直進安定性に貢献している。

・ リアフレーム
水平基調で低く構えたシルエットを実現させるために専用設計した。新デザインのロー&スリムなシートとあいまって、80年代レーシングマシンのような、やや腰を後ろに引いたライディングポジションに設定している。

ヤマハ「XSR900」がフルモデルチェンジ

また、シルエットとして無駄なモノが付いていない印象となるよう、収納時はフレームと一体化して見える可倒式リアフットレストを採用した。

・ リアアーム
新設計リアアームは従来比55mm延長し、ホイールベースをやや長くして直進安定性を強めている。

ヤマハ「XSR900」がフルモデルチェンジ

・ ホイール
鋳造ながら鍛造に匹敵する強度と靭性を備えるヤマハ独自の“SPINFORGED WHEEL(スピンフォージド ホイール)”技術による軽量ホイールを採用。前後で従来比約700gの軽量化を図り、バネ下重量を低減した。

4. 「IMU」を活用して運転操作を支援する各種制御

小型化、軽量化を図った「IMU」を搭載。「IMU」の情報を受け取り車両側にフィードバックする ECUにはトラクションコントロールシステム、スライドコントロールシステム、リフトコントロールシステムを織り込んでいる。個々の制御は相互に連動してライダーの運転操作を支援、マシンのポテンシャルを効率よく引き出す。 各システムとも、介入レベル調整、ON・OFF設定が可能だ。

また、ブレーキコントロールやシフトダウンにも対応するクイックシフターも搭載している。

5. 新丸型LEDヘッドランプやフルカラーTFTメーターの採用

照射方向左右の広がりや明るさ、さらにバンク時の配光特性にも配慮したLEDヘッドランプを新開発した。LED化やエイミング機構の効率化を図ることで本体の前後長を極力薄くし、車体デザインと融合させている。

ヤマハ「XSR900」がフルモデルチェンジ

3.5 インチのフルカラーTFTメーターは回転数に応じて色が変化するデジタルバータコメーター、燃料計、平均燃費、水温計、外気温計、シフトインジケーター、ETCインジケーターの表示機能などを備えている。

ヤマハ「XSR900」がフルモデルチェンジ

カラーバリエーションは「ブルーメタリック」と「ブラックメタリック」の2色展開。メーカー希望小売価格は121万円。

ヤマハ「XSR900」がフルモデルチェンジ