世界最小・最軽量うたうコンデジ「サイバーショット RX0 II」

小型コンパクトデジタルカメラ「サイバーショット RX0 II」をソニーが4月12日に発売する。1.0型イメージセンサーと可動式モニター搭載のレンズ一体型モデルとして世界最小、最軽量をうたっている。

本体サイズは59.0×40.5×35.0mm)、重さは約132g(バッテリーとメディア含む)。有効約1530万画素のメモリー一体積層型CMOS「Exmor RS(エクスモアアールエス)」を採用。高感度、低ノイズ性能と広いダイナミックレンジを両立したとする。さらに4K動画の本体内記録にも対応。180度チルト可動式液晶モニターも搭載し、多様な撮影スタイルを楽しめるとのこと。

画素加算のない高解像度4K(QFHD:3840×2160)動画を保存し、外部モバイル機器への転送を行える。またチルトモニターを使って便利に自撮り(セルフィー)やビデオブログ(Vlog)向け写真、動画の記録が可能。最短撮影距離は20cm。SNSなどへ共有するための高解像撮影もこなせるとする。

これに加えカメラ本体に水深10mの防水性能や2.0mの落下耐性、200kgfの耐荷重の堅牢性もある。液晶モニターの可動時にも防水・防塵性能を発揮し、雨天や水中、砂埃が多い環境、狭小な場所、カメラに衝撃が加わるなどの場面でより利用できる。

従来モデルに比べ約1.8倍の高速処理を行える画像処理エンジン「BIONZ X」を組み合わせており、瞳を検出して自動でフォーカスを合わせる瞳AF機能の検出精度、速度の向上や、液晶モニターの表示タイムラグの最小化などを図っている。

動画撮影時の電子手ブレ補正にも対応。さらに編集時に電子手ブレ補正による滑らかな映像を生成し、被写体の位置を自動的にフレーミング補正する「Imaging Edge」の新モバイルアプリケーション「Movie Edit add-on」(ムービーエディットアドオン)にも対応。最大100台の複数台のカメラを組み合わせた多視点撮影やタイムラプス動画の生成が可能な本体内インターバル撮影機能があり、静止画にスローモーションを含めた動画を組み合わせるなどの使い方ができる。オープン価格だが店頭実勢は8万5,000円前後(税別)。