NTTドコモは、2015-2016冬春モデルとして発表した、高画素カメラとディスプレイを搭載したソニー製「ドコモ スマートフォン Xperia Z5 SO-01H」と、受信時最大300Mbpsのシャープ製「ドコモ スマートフォン AQUOS ZETA SH-01H」を、10月29日に発売する。

ドコモとソフトバンクがソニー製Xperia Z5を同日に発売
「ドコモ スマートフォン Xperia Z5 SO-01H」(左)「ドコモ スマートフォン AQUOS ZETA SH-01H」(右)

Xperia Z5は、ソフトバンクからも、10月29日に発売される。


「ドコモ スマートフォン Xperia Z5 SO-01H」は、鮮やかで高精細の高画素カメラとディスプレイを搭載したスマートフォン。ソニーのαやサイバーショットで培った最新技術により、世界最速の0.03秒オートフォーカス。

また、約2,300万画素の新しいセンサー「Exmor RS for mobile」を搭載。画像処理エンジン「BIONZ for mobile」の進化で、5倍ズームでもキレイに撮影できる。さらに、ソニーのブラビア映像技術が注ぎ込まれた、高精細、高コントラスト、高色域のディスプレイを搭載している。

「ドコモ スマートフォン AQUOS ZETA SH-01H」は、300Mbpsの高速通信ができるスマートフォン。

従来より2倍の速度(120Hz)で駆動するハイスピードIGZO液晶ディスプレイを搭載、スクロール時の文字やアイコンのチラつきを抑えた。視聴するコンテンツに合わせて描画が制御される。PREMIUM 4G受信時最大300Mbps対応や、LTEとWi-Fiのデュアルスピードモードで、高精細大容量コンテンツも快適にダウンロードできる。

そのほか、AI「エモパー」が3.0に進化し、声で話すだけでメモできる「エモパーメモ」は、あいまいな日時表現を理解する。