ワコムの液晶ペンタブレット「Wacom Cintiq 16」

ワコムは、エントリーモデルの液晶ペンタブレット「Wacom Cintiq 16」を販売開始した。

クリエイター志望の学生やキャリアを積み始めたばかりの人向きの製品。上位モデルに搭載している「Wacom Pro Pen 2」技術を採用。ペンの正確性と8,192レベルの筆圧感知や傾き検知に対応し、1つ1つのストロークや手の動きを高精度に再現する。ワコムのEMRR(Electro Magnetic Resonance:電磁誘導方式)技術により、ペンはバッテリーを持たず充電が不要となっている。

15.6型フルHD(1920×1080ドット)液晶パネルを搭載。AGフィルムディスプレイにより、紙に描くような自然な描き心地を実現したとする。作業場に設置しやすいコンパクトデザインで、3分岐ケーブル(3in1ケーブル)で簡単にPCに接続する。また折り畳み式内蔵スタンドや19~68度まで好みの角度で利用可能なオプションのスタンド(2月上旬発売予定)も用意するとのこと。

従来のCintiqシリーズと同様WindowsとMacに対応し、Adobe、Autodesk、Pixologic、セルシス、Corelなど多くのメーカーの筆圧対応アプリケーションを利用できる。直販価格は7万3,224円(税込)。