Windowsタブレット

絵を描くのに便利なWindowsタブレット「raytrektab DG-D08IWP」が発売となった。手にかけた力に合わせ、画面に引く線の太さなどが変わる筆圧感知ペン付き。サードウェーブデジノスが取り扱う。

8型1,280×800ドットのディスプレイを備えるカバンに気軽に放り込めるサイズに、ワコムのWacom feel IT technologiesを組み合わせ、4,096階調の精細な筆圧感知を可能にしている。

標準でペンに入っている芯のほか、マーカーのような描き心地のフェルト芯、より紙に描いている感覚に近い粘り気のある描き心地のエラストマー芯、合計3種類を選べる。

またWindows 10 Homeを搭載していて、PCと同じ画像編集アプリケーションを入れて使える。定番アプリとしてセルシスの「CLIP STUDIO PAINT DEBUT」のシリアルコードを同梱している。

ちょっとしたアイディアがひらめいた際、なんでもいいから何か描きたくなった際、出先で膨らんだイメージを描き留めておきたいとき、こたつの中やリビングで落描きしたいとき、などに役立つ。

指によるタッチ操作もでき、Bluetoothキーボードやマウスを接続してPCのようにも使える。

CPUはクアッドコアIntel Atom x5-Z8350(1.44GHz)、メモリー容量は4GB、ストレージ容量は64GB。microSDXCメモリーカードを挿入できる。

200万画素のカメラを前面と背面に1つずつ備え、スピーカーとマイクも内蔵するなど、Skypeなどの通話アプリケーションを利用できるようになっている。

主なインターフェイスはmicroUSB、microHDMI出力、ステレオミニプラグなどだ。本体サイズは約214×128×10.1mm。重さは本体が約400g、ペンが約5g。バッテリーで約4時間稼働する。

販売価格は4万9,800円(税込)。

5月末までのキャンペーンとして製品レビューを投稿すると3,000円分のポイントを受け取れたり、Twitterでフォロー、リツイートなど指定の操作をすると画像編集アプリ「CLIP STUDIO PAINT EX」が抽選で1人が受け取れたりする。