ディスプレイ「MK600」

IPS液晶パネルと超薄型ベゼルデザインを採用したディスプレイ「MK600」シリーズをLGエレクトロニクス・ジャパンが6月8日に発売する。27型「27MK600M-B」、23.8型「24MK600M-B」、21.5型「22MK600M-B」の合計3モデル。

解像度1,920×1,080ドット。上下、左右178度の広い視野角と、3辺「フレームレス」なデザインが特徴。ベゼル幅1.3mmで枠をほとんど感じさせずに映像への没入感を高めるとする。

ティアリングやスタッタリングを抑えるAMD FreeSync技術、映像信号を画面に表示するまでのタイムラグを最小限に抑えるDAS(Dynamic Action Sync)モード、暗いシーンの視認性を高めるブラックスタビライザーなど各種ゲーミング機能を備える。ブルーライト低減やフリッカー抑制などの技術も採用する。

幅広い画面でも中央部と端部を色変化なく見られるほか工場からの出荷前に全台数キャリブレーションを実施しており、製品個々に差がなく、安定した色合いを打ち出している。

オープン価格だが店頭実勢は27MK600M-Bが2万7,700円前後(税別、以下同じ)、「24MK600M-B」が1万9,500円前後、22MK600M-Bが1万6,400円前後。