高音質イヤホン「LBT-HPC1000」

高音質コーデックとして「LDAC」と「Qualcomm aptX HD」に対応したBluetoothイヤホンとレシーバーのセット「LBT-HPC1000」をエレコムが6月上旬より発売する。

従来のQualcommR aptX、SBC、AACに加え、対応コーデックを拡大したもの。これらの規格に準拠するスマートフォンなどとBluetooth接続することで、LDACであれば96kHz/24bit、Qualcomm aptX HDであれば48kHz/24bitのハイレゾ相当の品質で楽曲を再生する。

またイヤホン部には、前置きマグネットに外磁対向反発磁力方式による大型ネオジムマグネットを採用し、力強くきれの良い低音を実現したとする。さらに音孔構造「Magnetic Turbo Axial Port」を採用し、大口径化した前置マグネットで、低域から高域までスムーズなレスポンスと広く正確な音場を表現できるようにしたとする。これに加えリブを設けた高剛性振動板が異常振動を防止することで、歪みの少ないリニアな出力特性を持たせている。またハウジングに剛性の高い真鍮を採用し、余分な振動を抑え、振動膜からの音楽信号を忠実に再生する。

装着感も重視し、「デプスフィットイヤーキャップ」を採用して密閉性を高めている。イヤーキャップは内外の硬度を変え音質向上とフィット感を両立を図った。装着時に奥行きを2段階で調整できる。

通話ができるマイク付きで、リモコンも装備し、ボタン操作でSiriやGoogleアシスタントなどを呼び出せる。バッテリー内蔵で音楽の連続再生時間、連続通話時間はともに約6時間。充電時間は約2時間。オープン価格だが店頭実勢は2万4,624円(税込、以下同じ)。

なおイヤホン部を除いてレシーバー部だけを残した「LBT-HPC1000RC」も用意する。MMCX端子で既存のイヤホンとつなぐ。店頭実勢は2万1,384円。