空気清浄機「FU-JK50」

空気中のカビやホコリ、花粉を除去するだけでなく、蚊もとってくれる空気清浄機「蚊取空清」シリーズに新モデル「FU-JK50」が登場した。シャープが4月19日に発売する。

東南アジアなどのASEAN各国に投入し、その後日本でも取り扱いを始めたシリーズ。紫外線と黒色を好み、狭い場所に隠れるという蚊の習性を利用し、薬剤を一切使わずに蚊を捕獲する。日本で多く見られるコバエの捕獲も可能。

蚊などを捕まえたシートは取り外し、2つに折り畳んで簡単に捨てられる。

新モデルは吸引力を向上し、自動運転時に比べ約1.4倍速く蚊を捕獲できる「パワフル蚊取りモード」を新たに搭載した。

遠くのホコリも引き寄せる「スピード循環気流」や、浮遊ウイルスの作用を抑制し、フィルターだけでは対応できないタバコの付着臭に対応する「プラズマクラスターイオン」といった機能も備えるとする。

サイズは391×281×540mm。約14畳(約23平方メートル)の部屋に置ける。オープン価格だが店頭実勢は4万3,070円(税込)。