相鉄の新型車両20000系

相模鉄道は、新型車両「20000系」を12月から導入する。2022年度下期に開業予定の相鉄・東急(東京急行電鉄)直通線で使うものとなる。

相鉄は新たにJR、東急との直通線を予定していて、JR東海道貨物線横浜羽沢駅付近と東急東横線・目黒線日吉駅間に連絡線を新設して実現する見込み。横浜市西部、神奈川県央部と東京都心部とをむすび、所要時分の短縮や乗換回数の減少を図る。

相鉄の直通運転イメージ

20000系は新たな相鉄線のイメージカラーである濃紺色の外装や落ち着きのあるグレー色を基調にした内装、時間帯で色調が変化する調色調光式のLED照明を採用している。

相鉄の新型車両20000系

相鉄の新型車両20000系

今後、相鉄線沿線から東京都心に乗り入れることから、相鉄の顔として従来の通勤列車に見られない特徴を持たせた。先頭形状を立体的で迫力のあるデザインとし、車内は空調設備を工夫して実現した高い天井やガラス製の荷棚、仕切り、貫通扉などにより開放感を打ち出した。

全車両にベビーカー・車椅子用のフリースペースを設置し、優先席の一部には立ち座りが容易になる「ユニバーサルデザインシート」を導入している。これに加えパナソニックの「ナノイー」空気清浄機、駅に長時間停車する際に乗客がドアの開閉を行える「個別ドアスイッチ」を新たに採用している。

相鉄の新型車両内装

相鉄の新型車両内装

相鉄の新型車両内装

情報機器としては、ドア上や通路の天井に21.5型の大画面案内表示器を設置し、見やすさを向上のため通路の天井に広告画面を設置している。さらに全車両でWi-Fiを完備している。そちらは通信事業者との契約が必要としており、いわゆる無料Wi-Fiではない模様。