キーボードのイメージ

長時間のデスク作業で使いやすいワイヤレスのキーボードとマウスのセット「MK545」をロジクールが3月15日より販売開始する。

キーボードは最適化済みのキーにより高い精度とノイズリダクションを実現したとする。115日本語レイアウトで、指になじむキー表面とレイアウトが特徴。型押仕上げのパームレストと調節可能なチルトトレッグにより、長時間作業にも適している。

ホットキーにより、メディア、電卓、バッテリーチェック機能に直接呼び出せる。「Fnキー」を好みに応じてカスタマイズが可能。

マウスは人気モデル「M510」のフォルムを踏襲し、曲線形状と柔らかなラバーサイドグリップを特徴としている。手のひらになじみやすいデザインで、アドバンスオプティカルによる高精度トラッキング、水平スクロール、戻る/進むボタンなども備えている。

単3形乾電池2本で、キーボードは36ヵ月、マウスは24ヵ月稼動する。キーボードは耐水設計で、摩耗耐性キープリントによりキー印字が薄くなるのを防ぐ。

小型のUnifying USBレシーバー1つでキーボードとマウスをPCなどに接続できる。遅延やデータ欠落が少なくかつ暗号化した接続を行える。レシーバーはノートPCのUSBポートにぴったりと収まり移動時でも取り外す必要がないとする。希望小売価格は6,750円(税別)。