アクロディアの野球ボール

投げると球速や回転数が測定できる野球ボール「i・Ball Technical Pitch」をアクロディアが販売再開した。

ボールの中心部に9軸センサーを内蔵しており、投げると球速、回転数、回転軸、球種、変化量、腕の振りの強さなどが分かるデータを測定し、連携するスマートフォンに転送する。専用サーバーにデータを蓄積して解析可能。

ちなみにボール本体は、硬式野球ボールと同じ重量、同じ固さ、同じ素材で作ってある。

2017年12月に一般販売を開始し、約1か月で初回分を完売した。材質を改良し、より公式球に近づけて販売を再開するとのこと。

目下はプロ野球チームの投手をはじめ、投手育成や練習などの場面での利用が中心だが、誰でも欲しい人はAmazon.co.jpで購入できる。