プリンターイメージ

キヤノンの家庭用インクジェットプリンター「PIXUS(ピクサス)」シリーズの新製品として、小型の入門機「PIXUS TS203」が発売となった。

文書や写真を家庭で美しく手軽に印刷したい人向け、サイズが426×255×131mmと小さいため置き場所を選びやすい。小型で洗練されたスクエア形状のデザインで、上面に光沢のあるグリッドパターンの新しい表面処理を施し、指紋や傷がつきにくく仕上げている。

最高解像度4,800×1,200dpi。A4、レター、はがき、L判、KGサイズに対応。Webページや写真印刷などに最適。

カラーは文字も写真もきれいに仕上げられる4色ハイブリッド「FINE カートリッジ」を採用。写真に強いシアン、マゼンタ、イエローの染料カラーインクと文字に強い顔料ブラックインクを組み合わせている。顔料インクは濃度の濃い黒でコントラストが高く、細かな文字やけい線までくっきり印刷できる。

また大容量タイプのインクカートリッジを使うと、少ないインク交換頻度で印刷できる。ランニングコストは大容量の場合1枚あたり21.7円(税別、以下同じ)、標準容量だと28.1円。本体はオープン価格だが店頭実勢は6,880円。