-狭い部屋に置けるモーションシミュレーター「Yaw VR」

「Yaw VR」はVR時代の家庭用のポータブルモーションシミュレーター。ハンガリー ブダペストに本拠を置くIndustrial Cyberneticsが開発した。

狭い部屋に置けるモーションシミュレーター「Yaw VR」
VR時代のポータブルモーションシミュレーター 「Yaw VR」

モーションシミュレーター自体は以前から存在しており、アーケードゲームをゲームセンター以外でもプレイ可能にしてくれていた。だがそれらはサイズが大きく高価。また、機能が高まるほどある特定のゲーム専用になり、ゲームのジャンルに合わせてシミュレーターをいくつもそろえなければならなかった。

狭い部屋に置けるモーションシミュレーター「Yaw VR」
画像左は、カーレーシングゲームに特化したもの
他のゲームには対応できない

「Yaw VR」はこれらの問題点の解消を目指したモーションシミュレーター。前後、左右に50度まで傾け、360度回転する半球構造により、幅広いジャンルのゲームに対応可能にしている。

狭い部屋に置けるモーションシミュレーター「Yaw VR」
半球なのでぐるぐる回ることだってできる
カーレーシングゲームのスピンも体感可能!

そのような動きができたとしても、従来であれば、例えばバイクレースゲームであれば、モーションシミュレーターもバイクの形をしている必要があった。だが、VRゴーグルを装着してしまえば、モーションシミュレーターがどんな形をしていても気にならない…というか、わからない。「Yaw VR」がサイズを小さく、対応ジャンルを広くできたのは、このVR技術の発達のおかげといえるだろう。

狭い部屋に置けるモーションシミュレーター「Yaw VR」
VRゴーグルが脳を“騙して”くれるので
プレーヤーはクルマのシートに座っていると感じられる
…本当はお椀だが

直径は約74センチ。折り畳めば高さは38センチとなる。このサイズであれば、使わないときには部屋の空きスペースに収納しておくことが可能だ。また、重さは約15キロなので、どこにでも持ち運べる。

狭い部屋に置けるモーションシミュレーター「Yaw VR」
折り畳めば小さくなるので

狭い部屋に置けるモーションシミュレーター「Yaw VR」
部屋の空きスペースに収納できる

狭い部屋に置けるモーションシミュレーター「Yaw VR」
軽くて持ち運びしやすいので
ラスベガスに持ち込んでストリップや

狭い部屋に置けるモーションシミュレーター「Yaw VR」
砂漠の真ん中で楽しむことも!
…って、電気ないっしょ?

死角があるとすれば、ゲーム時のスタイル。子どもが水浴をするタライに、うっかり大人が尻もちをついたように、どうしても見えてしまうのだ。プレイヤー自身はVRゴーグルをしていれば気にならないが、周囲の人たちは、ちょっと辛いかもしれない。

狭い部屋に置けるモーションシミュレーター「Yaw VR」
いっそ、周りの人にVRゴーグルを装着させればよいのでは?

Industrial Cyberneticsは現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで出資者募集のキャンペーンを実施中。本稿執筆時点では、1,190ドルの出資+日本への送料100ドルで「Yaw VR」を1台入手可能だ。出荷は2018年8月に予定されている。

-狭い部屋に置けるモーションシミュレーター「Yaw VR」
一寸法師ゲームとか、無いのかな?