1台2役の自撮り棒

自撮り棒と三脚の1台2役をこなす「P-SSBT」シリーズをエレコムが2月下旬より発売する。装着したiPhoneやAndroidスマートフォンのカメラシャッターを離れた場所から押せるBluetoothリモコンがついている。

手に持った状態の自撮り棒として使う場合、スティックは最大約48cmまで伸長することができ、目安として最大8人一緒に写真に収まることが可能とのこと。

使わない時は約15cmまで小さくでき、旅行やアウトドアでの持ち運びに便利。さらに付属の三脚を使って地面やテーブルなどに固定し、ブレのない自撮りが可能。スマートフォンホルダー部分は、スティック部分から着脱可能で、三脚に直接スマートフォンホルダーを取り付けることもできる。

スマートフォンホルダー部分も折りたためる。また滑りにくく、しっかり握れるシリコングリップを採用。iPhone 8 Plusなどの大型の機種も取り付けられる。アウトカメラでの撮影時に、撮影範囲が確認できるミラーを備える。グリップエンドにはストラップを取り付けられるストラップホールを装備し、ストラップも付属する。

自撮り棒のイメージ

Bluetooth 3.0に対応したリモコンにより、離れた場所からスマートフォンカメラのシャッターをきることができる。リモコンはスティック部分に装着できるほか、取り外して手に持って使える。

オープン価格だが、店頭実勢は3,542円(税込)。