USB Type-Cに変換

あれこれ種類があるUSB端子。ケーブルを間違えると接続できない場合がある。そんな問題を解消するための製品を、エレコムが新たに幾つか2月上旬に発売する。

まず「MPA-MBFCMADN」シリーズは、手持ちのUSB micro-BケーブルをUSB Type-Cに変換できるアダプター。USB IF正規認証品で、最大5V、3A対応。スマートフォンの超急速充電が可能。本体カラーは、ブラック、ピンク、ホワイト、かわいいイラスト入りのフェイスの4種類。

「MPA-AMBCAD」シリーズは、USB2.0対応のスマートフォン用2in1ケーブル。USB2.0 Standard A側をPCなどに接続し、もう一方を接続する機器の端子形状に合わせて、USB Type-CとUSB micro-B端子から選んで使える。

2in1ケーブルのイメージ

PCや充電器と、スマートフォンやモバイルバッテリー、加熱式タバコなどを接続できる。最大5V、3A対応で、スマートフォンの超急速充電が可能なほか、データ転送にも使える。

ちなみにUSB micro-B端子を使う場合には付属の「コネクターキャップ」を使い、USB Type-C端子のコネクターをキャップ内に収納する構造だ。カラーはホワイトとブラックの2種類。

両シリーズともUSB2.0に対応。難燃性の素材を使い、サビに強く信号劣化の少ない金メッキピンを採用するほか、外部ノイズに強い二重シールドを採用する。

希望小売価格はアダプターが1,080円(税込、以下同じ)。2in1ケーブルは長さ0.3mモデルが2,884円、長さ1.2mモデルが3,164円。