G-SHOCKのイメージ

カシオ計算機の耐衝撃ウォッチ「G-SHOCK」より、ソーラーアシストによるGPSナビゲーション機能を搭載した「GPR-B1000」が登場する。3月9日に発売予定だ。

アウトドア向けの製品の中でもサバイバルを意識した「RANGEMAN」シリーズに属する。方位、気圧/高度、温度を計測するセンサーに加え、GPSナビゲーション機能を備える。

衛星から位置情報を取得し、目的地までのルート上の現在位置や、目的地の方向をリアルタイム表示する。実際に通過したルート、ポイントの緯度/経度、高度や温度などを記録に残しておける。

充電方式は、ワイヤレス充電とソーラー充電の2方式。ワイヤレス充電が使えない屋外でGPS機能が使えない水準まで電池残量が減っても、ソーラー充電により一定時間再稼働ができる。時刻表示はソーラー充電のみでよく、GPS機能の利用の有無にかかわらず続けられる。

連続稼働時間はGPSを使った場合、間欠受信方式だと約33時間、連続受信方式だと約20時間。GPS以外の機能はそこから更に約2カ月使える。GPSをまったく使わない場合はパワーセービング状態で29カ月となる。

スマートフォン向けアプリケーション「G-SHOCK Connected」と連携し、GPS衛星電波受信と合わせ、世界中で正確な時刻データを受信する。またアプリ上で活動の記録を管理する機能を備え、記録したルートやポイントなどのデータを3Dマップやタイムラインで表示できる。

防塵・防泥のマッドレジスト構造や、マイナス20度までの耐低温仕様やカーボンファイバーインサートバンド、サファイアガラスなど、構造、素材も頑丈さを追求している。

大きさは60.3×57.7×20.2mm。重さは約142g。希望小売価格は10万円(税別)。本体カラーはブラックとカーキの2種類。