日産、新型インフィニティ「QX50」

日産の海外向けブランド「インフィニティ」は11月29日、ミッドサイズのプレミアムSUV「QX50」を発表した。同車はロサンゼルス・オートショーに出展される。

日産、新型インフィニティ「QX50」

インフィニティ「QX50」のエンジンには「VCターボ」が搭載された。これは世界初の量産型可変圧縮比エンジンで、パワーと効率性を最適化するために、圧縮比を変化させられる。

日産、新型インフィニティ「QX50」

可変圧縮比技術は、ピストンの上死点位置をシームレスに変化させられる「マルチリンクシステム」を活用している。これまで、力強いトルクと高い効率性を併せ持つエンジンはハイブリッドかディーゼルだけと考えられていたが、その既成概念を打ち破る可能性を秘めた新技術だ。

日産、新型インフィニティ「QX50」

エクステリアは、インフィニティ独自の「優雅でありながらもパワフル」なデザインをSUVで表現したもの。空力性能にも優れている。

日産、新型インフィニティ「QX50」

インテリアでは、各種テクノロジーをパッケージ化したドライバーズシートがドライビング体験を高めている。一方で、パッセンジャーシートは落ち着いた雰囲気を味わえるもの。このようにドライバーとパッセンジャーで異なっているニーズの両方を満たす、アシンメトリーなレイアウトが「QX50」デザインの特徴となっている。

日産、新型インフィニティ「QX50」

先進装備としては、高速道路の単一車線において、アクセル、ブレーキ、ステアリング操作を自動で制御する自動運転技術「プロパイロット」が搭載された。渋滞走行や巡航走行でドライバーが感じるストレスを大幅に低減してくれる。

日産、新型インフィニティ「QX50」