日産が新型「エクストレイル」を発表 「e-POWER」×「VCターボ」と「e-4ORCE」を搭載したタフで上質なSUV

日産自動車は「エクストレイル」をフルモデルチェンジし、2020年7月25日に発売する。4代目となる新型「エクストレイル」では、初代モデルから続く「タフギア」というコンセプトを継承しつつ、新たに「上質さ」を加えた。また、進化した第2世代「e-POWER」と「VCターボ」、そして電動駆動4輪制御技術「e-4ORCE」を搭載している。

「e-POWER」×「VCターボ」

ドライブユニットには第2世代「e-POWER」が搭載された。また、発電用エンジンには可変圧縮比エンジン「VCターボ」を採用。常用域から加速時までエンジン回転数を抑えて、高い静粛性を実現する。


日産が新型「エクストレイル」を発表 「e-POWER」×「VCターボ」と「e-4ORCE」を搭載したタフで上質なSUV

プラットフォームも刷新し、高剛性ボディと優れた遮音性を搭乗者に提供する。

日産が新型「エクストレイル」を発表 「e-POWER」×「VCターボ」と「e-4ORCE」を搭載したタフで上質なSUV

アクセルペダルだけで車速をコントロールできる「e-Pedal Step」は、e-POWER車で初めて“ブレーキ協調制御”を採用。状況に応じて自動的に油圧ブレーキを作動させることで、長い下り坂など、幅広いシーンで快適に運転を楽しめる。

4WDの概念を変えるe-4ORCEの搭載

電動駆動4輪制御技術「e-4ORCE」を新搭載。前後2基の高出力モーター、左右のブレーキを統合制御することで4輪の駆動力を最適化し、雪道や山道の走破性に力を発揮する。

日産が新型「エクストレイル」を発表 「e-POWER」×「VCターボ」と「e-4ORCE」を搭載したタフで上質なSUV

e-4ORCE特徴

・ 力強く滑らかな走り:高出力モーターがアクセルの踏み込みに素早く応答し、伸びのある加速を実現。高速道路での合流もスムースに行える

日産が新型「エクストレイル」を発表 「e-POWER」×「VCターボ」と「e-4ORCE」を搭載したタフで上質なSUV

・ ドライバーの意のままの走り:路面と車両状況を瞬時に判断し、タイヤの摩擦力を最大限使い切れるように前後モーターの駆動力やブレーキをきめ細かく制御することで、最小限のステアリング操作で思い通りのコーナリングを実現

・ 路面を問わない安心感:オフロードや雪道でも常に最適なトラクションを確保することで、タイヤのスリップやスタックを回避し、スムースな発進・走行を可能に

日産が新型「エクストレイル」を発表 「e-POWER」×「VCターボ」と「e-4ORCE」を搭載したタフで上質なSUV

・ 乗る人すべてに快適な乗り心地:市街地走行における減速時において、前後のモーターそれぞれで回生量を調整して車体の挙動を安定させ、乗員の頭の前後の揺れを軽減する

デザイン

エクステリア

エクステリアは初代から受け継ぐタフな力強さに、余裕と上質さを感じられるエッセンスを加えた。

日産が新型「エクストレイル」を発表 「e-POWER」×「VCターボ」と「e-4ORCE」を搭載したタフで上質なSUV

ヘッドランプは、上段にポジションランプとターンランプを、下段にメインランプを配置し、上質感を演出する2階建ての構造を採用している。

日産が新型「エクストレイル」を発表 「e-POWER」×「VCターボ」と「e-4ORCE」を搭載したタフで上質なSUV

リアコンビネーションランプのシグネチャーでは、インナーレンズに日本の伝統的な切子パターンからインスピレーションを得た精密でキラキラと光り輝く加工が施された。

日産が新型「エクストレイル」を発表 「e-POWER」×「VCターボ」と「e-4ORCE」を搭載したタフで上質なSUV

ボディーカラー

ボディーカラーは、2トーン5種類、モノトーン7色の全12色をラインアップ。中でも、初代から「エクストレイル」のイメージカラーとして親しまれ、新型では深紅のバラからインスピレーションを受けて鮮やかさと深み感を増した「カーディナルレッド」を採用した。また、シャンパンのような上質でエレガントな色合いの「シェルブロンド」と「スーパーブラック」の2トーン、そしてタフで力強さの象徴となる「ステルスグレー」などがラインアップされている。

日産が新型「エクストレイル」を発表 「e-POWER」×「VCターボ」と「e-4ORCE」を搭載したタフで上質なSUV

インテリア

インテリアでも、タフさと上質さを兼ね備えたデザインを目指した。コンソール部分を宙に浮かせたブリッジ構造のセンターコンソールには、ラージサイズのカップホルダーを用意した。アームレストも兼ねるコンソールリッドは収納物が取り出しやすい観音開きとしている。

日産が新型「エクストレイル」を発表 「e-POWER」×「VCターボ」と「e-4ORCE」を搭載したタフで上質なSUV

リアドアにはロールサンシェードを採用し、直射日光を遮ることで室内の快適性を高めた。

日産が新型「エクストレイル」を発表 「e-POWER」×「VCターボ」と「e-4ORCE」を搭載したタフで上質なSUV

シート素材にはブラックのファブリックに加え、日産が独自で開発した次世代シート素材「TailorFit(テーラーフィット)」、タン色のナッパレザー、そしてスキーやマリンスポーツなどのアウトドアアクティビティに役立つ防水シートの合計4種類を用意した。

日産が新型「エクストレイル」を発表 「e-POWER」×「VCターボ」と「e-4ORCE」を搭載したタフで上質なSUV

快適装備

メーターには、2種類の表示モードを選択できる12.3インチのアドバンスドドライブアシストディスプレイを採用した。また、センターディスプレイに採用されている12.3インチのNissanConnectナビゲーションシステムは、自然な言葉で操作できるボイスアシスタントやAmazon Alexaを搭載している。

日産が新型「エクストレイル」を発表 「e-POWER」×「VCターボ」と「e-4ORCE」を搭載したタフで上質なSUV

10.8インチの大型ヘッドアップディスプレイを搭載。運転中に必要な情報が目線の先に表示され、ドライバーは視線を移動することなく、必要な情報を把握できる。

日産が新型「エクストレイル」を発表 「e-POWER」×「VCターボ」と「e-4ORCE」を搭載したタフで上質なSUV

ラゲッジスペースではクラストップレベルの広さを実現した。荷室の幅、開口幅を広げることで、荷物の積み下ろしを容易としている。100V AC電源(1,500W)を装備したことで、災害時等の非常用電源と利用可能とした。

日産が新型「エクストレイル」を発表 「e-POWER」×「VCターボ」と「e-4ORCE」を搭載したタフで上質なSUV

全国希望小売価格

新型「エクストレイル」の全国希望小売価格は次の通り。

日産が新型「エクストレイル」を発表 「e-POWER」×「VCターボ」と「e-4ORCE」を搭載したタフで上質なSUV