モトローラのアイコン
Motorolaの「M」、でもよくよく見ると…?

スマートフォンメーカーのMotorola(モトローラ)が、日本でコラボレーション相手を募集している。ただし「あの動物が出てくるアニメ」は無理だそう。会社のロゴデザインからすぐにどの作品のことか分かったという声も出ている。

モトローラは米国発の携帯電話ブランドとして有名だが、紆余曲折を経て現在は中国のPC大手Lenovo(レノボ)の傘下。最近は国内展開に力を入れており、Twitterで日本語による情報発信に熱心だ。コラボレーション相手も募集している。


これはTwitterで流行しているハッシュタグ「#コラボって言いたい」に便乗したものだ。ただし追記として、とあるアニメとのコラボレーションは無理だと断っている。

具体的な作品名は一切出していないにもかかわらず、Twitter上ではすぐにぴんと来たとの声が出ている。

モトローラのアイコンにある先のとがった「M」の文字は、なるほどよく見れば猫科動物、サーバルキャットの耳に似ている。当然連想するのはサーバルキャットを擬人化したキャラクターが活躍し、Twitterでも人気が高い「けものフレンズ」だ。

けものフレンズは、ファンの強い支持により2期の放送も始まる見通しで、話題性、好感度とも抜群。折角アイコンが似ているモトローラがコラボレーションを行えないのは残念。実現すればきっと面白いはずだ。