トルコライス風のカツバーガー
ナポリタンが乗ってる!

ハンバーガーチェーン「モスバーガー」は、カツ丼ならぬ「カツバーガー」と言うべき新メニューを複数開発した。長崎の「トルコライス」風など各地の名物料理をもとに味付けしてあり、いずれが人気か決める「ご当地創作バーガー決戦」を開催予定だ。

モスバーガーでは2015年より、店舗スタッフから地元の名物をもとに創作メニューを募集、商品化している。今回は「揚げ物」を主題に呼びかけところ、前年の約5倍となる1,122件の応募があり、そのうち4件を実際のメニューにした。

9月12日から「北見しょうゆタレとんかつバーガー 北海道産ポーク使用」(430円、税込、以下同じ)と「名古屋海老フライバーガー レモンタルタル」(450円) を、10月17日から 「秩父わらじカツバーガー 深谷ねぎ味噌ソース」(430円)と「長崎トルコライス風バーガー」(450円)をそれぞれ発売する。

北見は焼肉の「生たれ」で勝負

北見しょうゆタレとんかつバーガー 北海道産ポーク使用
焼肉のタレで食べるカツバーガー!

「北見しょうゆタレとんかつバーガー 北海道産ポーク使用」は、北海道北見市の多くの焼肉店で手作りしている「生たれ」をアレンジしたしょうゆタレが特徴。リンゴ果汁と濃縮オレンジ果汁を加えてフルーティーな味で、 長ネギのみじん切りや煎りゴマをアクセントとし、ショウガの香りも素材を引き立てる。

このタレに合わせたのが北海道産の豚モモ肉を使ってサクサクにあげたトンカツ。グリーンリーフの上にのせ、輪切りトマトと細切りレタスと一緒にバンズにはさんでいる。

発案元はモスバーガー北見店。地元では毎年「北見厳寒焼肉祭り」を行うほど焼肉文化が定着しており、その特徴である生たれを大きく打ち出している。

北見の新メニューの原案
生たれへのこだわりを感じる原案

名古屋はエビフライ

名古屋海老フライバーガー レモンタルタル
トンカツ一色になるかと思いきやエビフライがエントリー

「名古屋海老フライバーガー レモンタルタル」は名古屋名物のエビフライをバンズにはさんだ。ほかのメニューがトンカツを使うなかで違った存在感を見せる。

 大ぶりで甘みの強いベトナム産バナメイエビをカリッと揚げたフライを2本、レタスの上にのせ、 濃厚なカツソースをかけた。さらにタマネギ、卵、ピクルスなどのみじん切りをマヨネーズで和え、濃縮レモン果汁などを加えたモス独自のレモンタルタルソースでも味付けしている。さわやかな風味でエビの風味を引き立てる。

発案元はモスバーガー稲沢アクロスプラザ。名古屋の有名なものはと考えてエビフライが思い浮かんだそう。子供(こども)から年配の人まで楽しめるさっぱりした味つけだとアピールしている。

名古屋発メニューの原案
原案のエビフライ。これはこれで可愛い

秩父はわらじカツ

秩父わらじカツバーガー 深谷ねぎ味噌ソース
カツがバンズからはみだしている感じが重要

「秩父わらじカツバーガー 深谷ねぎ味噌ソース」は、埼玉県秩父市の名物料理でたれで味付けしたわらじのようなカツを2枚のせた「わらじカツ丼」 をかたどっている。グリーンリーフの上にバンズからはみ出るほど大きな豚ロースのわらじカツとキャベツの千切りをのせた。秩父産のミソに甘味のある深谷ネギ、ゴマ油、ニンニク、ショウガ、リンゴ酢を和え、唐辛子で香りづけをしたソースをかけている。

発案元はモスバーガー大宮ステラタウン店。埼玉県のハンバーガーで全国を盛り上げたいという熱い思いが、バンズには収まり切らないという意味を込め、カツがバンズからはみ出すようなメニューを考えた。

秩父発メニューの原案
原案でもカツが幅広

長崎はトルコライス風

長崎トルコライス風バーガー
ピラフのかわりにバンズ!

「長崎トルコライス風バーガー」はデミグラスソースをかけたトンカツ、ピラフ、スパゲッティなどをワンプレートに盛りつけた「トルコライス」をハンバーガーで再現したもの。

グリーンリーフとキャベツの千切りの上に、サクサクに揚げたロースカツ、濃厚なデミグラスソース、トマトケチャップで味付けしたナポリタンスパゲッティを重ねている。 デミグラスソースにはウスターソースをあわせ、 赤ワイン、リンゴ酢、粒マスタードなどを加え、濃厚な旨みを出した。

長崎発メニューの原案
ほぼ原案通り

発案元はモスバーガー島原店。実際のトルコライスにはピラフも入っているが、今回はバンズがあるので省きトルコライス「風」とした、とこだわりを見せる。若い男性のほか子供にも向く味。