セイコーの腕時計

工業デザイン分野で著名なイタリアの「ジウジアーロ・デザイン」の名を冠したGPSソーラークロノグラフが登場した。セイコーウオッチが5月26日に3,000本限定で発売する。

ジウジアーロ・デザインはかっこいい自動車を描きだすので有名な事務所だが、腕時計からビネガーの瓶までさまざまな工業製品も手掛けている。

今回出るのは「セイコー アストロン ジウジアーロ・デザイン 2017限定モデル」。セイコーは1983年にもジウジアーロ・デザインとアナログクオーツクロノグラフを共同開発しており、その系譜につらなるモデルだ。

腕時計のイメージ
1983年に登場したジウジアーロ・デザインのクロノグラフ

2012年発売のGPSソーラーウォッチをもとにしており、定期的な電池交換が要らないのはもちろん、地球上のどこにいても衛星の電波を受信して緯度、経度、高度を特定。すばやく時差を反映して現在位置の正確な時刻を表示する。

ドライブ中のストップウオッチの操作性を向上させる目的から、ケースとバンドの中心をオフセットした構造はそのまま、スポーツカーを思わせる流れるような形状に仕上げている。

独自の時分針と秒目盛、2ピース構造の立体的なダイアルリングなど、ジウジアーロ・デザインの要素を随所に取り込んでいる。このほか1980年代に発売したかつてのモデルを想起させる黒と赤のカラーリングにイタリアンカラーをさりげなく散りばめているのも特徴。

裏ぶたはジウジアーロ・デザインのコンセプトカーのホイールをあしらい、ロゴとシリアルナンバーを表記している。

希望小売価格は30万円(税別)。