あったかはんてんのイメージ画像
ヒーターを組み込んだ、はんてん

はんてんにヒーターを組み込んだ「あったかはんてん」が登場した。充電式のリチウムイオンバッテリーを内蔵している。大阪府のヒーターメーカー、クマガイ電工の製品だ。

別名で着るコタツ、とも呼ぶ製品。ナイロンの布地にポリエステルの中綿を詰め、さらにマイクロカーボンファイバー(炭素繊維)を発熱源として内部に配線。バッテリーに接続している。胸元のスイッチを押すと通電し、首後部から背筋にかけてが温まる。

炭素繊維の配線イメージ
ヒーターの配線には炭素繊維を利用

ヒーターの強さは強、中、弱の3段階で設定することが可能だ。ヒーターからの輻射熱だけでなくカーボンからの放射による遠赤外線効果もあるという。夜遅くまで勉強する受験生の防寒具としても有効だとうたっている。

胸元の操作スイッチ
胸元のスイッチで操作が可能だ

バッテリーを外して手洗いが可能。表地には撥水(はっすい)加工をしており、キッチンでの洗い物などの水跳ねにも強く、汚れも付着しにくい。裏地には帯電防止加工を施し、静電気の感触を軽減している。

バッテリーのイメージ
バッテリーは簡単に取り出せる

デザインは実用性重視。左右のポケットのほか、右内側には大型のポケットを設け、スマートフォンなどを入れて持ち運びやすくしているという。カラーは「ネイビー」「ワイン」の2種類。

はんてんの内ポケット
内ポケットは大き目。スマートフォンなどの持ち運びにも便利

バッテリーは通常約500回の充電が可能。フル充電からの動作時間は、ヒーターの設定が強だと約3時間、中だと約4時間半、弱だと約7時間。充電状況や地域、気温などの使用環境により変動する。付属品はバッテリーとアダプターが各1個。