中華街の無料Wi-Fiステッカー
横浜中華街の無料WI-Fiステッカー、めでたい採青(ツァイチン、中国の獅子舞)デザイン

中国などが盛大に祝う旧正月(春節)がやって来る。2017年は1月28日。これに合わせて神奈川県の横浜中華街などでもイベントを実施する。現地は無料Wi-Fiも整備してあるので、スマートフォンを持って出かけてみるのも楽しいだろう。

春節のイベント

横浜中華街のポスター
中華街の公式サイトにも続々と情報が掲載(出典:横浜中華街)

横浜中華街では1月28日~2月11日の期間、イベントを開催する。

まず春節を迎える前夜の1月27日は道教の施設である関帝廟と媽祖廟でカウントダウンを行い、新年を迎えるにぎにぎしい雰囲気でいっぱいになる。

さらに1月28日の春節当日は伝統の獅子舞「採青(ツァイチン)」を行う。白や黄に彩色した獅子が練り歩き、各店の商売繁盛や五穀豊穣を祈って踊り、店先につるした祝儀袋の「紅包(ほんぱお)」をくわえ取る。

1月29日と2月5日には「娯楽表演(ごらくひょうえん)」と銘打ち山下町公園で獅子舞、龍舞、舞踊、雑技など伝統芸能を披露する。

2月4日には伝統衣装をまとっての行進「祝舞遊行(しゅくまいゆうこう)」を実施する。華やかな皇帝衣装隊に加え人気者の獅子や龍が登場する。

2月11日には春節の最後を飾る幻想的なお祭り「元宵節燈籠祭(げんしょうせつとうろうさい)」を媽祖廟で行う。燈籠に書き込んだ願いが、天に届くように奉納舞を披露する。

無料Wi-Fi

なお、横浜中華街では無料Wi-Fi「YOKOHAMA CHINATOWN Wi-Fi」が利用でき、月々のデータ通信量制限を気にせず写真などをLINEやTwitterでシェアすることが可能だ。

これは中華街のお店などで作る横浜中華街発展会協同組合とエヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム(NTTBP)などが整備を手掛けている。

SSIDは「Yokohama_Chinatown」。中華街大通りの以下3か所で利用可能。電波が届くエリアについてマップも公開中だ。どうやら大通りから1つ入った小路などでも一部つながるようだ。

中華街大通りのWi-Fiマップ
無料Wi-Fiの対象エリア

このWi-Fiへの接続時間は1回60分だが、再接続すれば複数回利用できる。

全国の無料Wi-Fiに簡単に接続できるアプリケーション「Japan Connected-free Wi-Fi」に対応しているので、そちらをiPhoneやAndroidスマートフォンに入れておけば手間なく利用可能。