関東バスのドリームスリーパー
片道1万8,000円の完全個室バス(出典:関東バス)

完全個室バス「DREAM SLEEPER(ドリームスリーパー)東京大阪号」の運行が始まった。無料Wi-Fiやコンセントなどを備え、ノートPCなどを持ち込めば、インターネットカフェのように使えそうだ。

関東バスが手掛ける新たな便で、東京のJR池袋駅西口と大阪のなんば(OCAT)/門真倉庫を結び、夜を徹して高速道路を走行する。所要時間の目安は8時間40~50分。

関東バスのドリームスリーパー
東京―大阪間を結ぶ高速夜行乗合バスだ(出典:関東バス)

すでにある個室付きのバスとしては西日本鉄道(西鉄バス)の「はかた号」なども有名だが、そちらはカーテンなどで区切る形式で、ドリームスリーパーは扉付きなのが特徴となる。

ドリームスリーパーの扉
しっかりした扉がついている(出典:関東バス)

各個室に角度を変えられるシートや調光機能のある照明、デスクなどを備え、総座席数はわずか11という仕様だ。

ドリームスリーパー、総座席数の図解
総座席数は11(出典:関東バス)

角度を変えられるシート
シートは角度を変えられる(出典:関東バス)

ドリームスリーパーのデスク
ノートPCなどを置くのによさそうなデスクも(出典:関東バス)

ほかにオーディオ、USB、コンセント差し込み口も付いており、無料Wi-Fiも使える。宵っぱりでインターネットにつないでゲームで遊んだりニュースを見たり、Twitter、LINE、Facebookに参加する人にとっては便利な仕様だ。

コンセント差込口などのイメージ
オーディオ、コンセント差込口、USBポートなどが使える(出典:関東バス)

無料Wi-Fiのイメージ
ばっちり無料Wi-Fiもついている(出典:関東バス)

温水洗浄機能付きのトイレや、独立したパウダールームもあかぬけている。

温水洗浄機能つきのトイレ
温水洗浄機能などを備えたトイレ(出典:関東バス)

ドリームスリーパーのパウダールーム
独立したパウダールームも(出典:関東バス)

運賃は片道2万円。開業当初は記念割引で1万8,000円となっている。これは、例えばJRグループの寝台特急「サンライズ出雲」のシングルで東京―大阪間を移動する運賃に近い。予約は1か月前から可能とのこと。