ケンタッキー、チキン用指手袋「フィンガーナップ」を222店舗で導入

チキン用指手袋「フィンガーナップ」が12月15日から、関東と関西のケンタッキーフライドチキン(KFC)222店舗で導入される。

ケンタッキー、チキン用指手袋「フィンガーナップ」を222店舗で導入

「フィンガーナップ」は、KFCのチキンを食べる際に指が汚れないよう工夫された指手袋。チキンを持つ時に使用する親指と人差し指を覆う形状で、持ちやすさに加え、着脱のしやすさも考慮されており、ネイルをしている人や、スマートフォン・PCを操作する人におすすめだという。

導入店舗では、店内でチキンメニューを食べる顧客のうち、希望者に対して「フィンガーナップ」が提供される。

KFCによれば、同社顧客からはチキンを「手で持って食べたいが、どうしても手が汚れてしまう」という声が寄せられており、この声に応える形で「フィンガーナップ」の導入を決定したという。今回の222店舗での正式導入を皮切りに、今後導入店舗を拡大していく予定だとしている。

なお、一部店舗では、導入日が異なる場合がある。