iPhone 7を電子書籍リーダーにするスマホケース「Oaxis InkCase i7」

「Oaxis InkCase i7」は、iPhone 7に電子書籍リーダーの機能をプラスするスマートフォンケース。電子書籍を読みやすくするだけでなく、うまく使えばバッテリーを長持ちさせることができる。

iPhone 7を電子書籍リーダーにするスマホケース「Oaxis InkCase i7」

iPhoneに装着すると、画面の裏側がEインクによる電子ペーパーディスプレイとなる。動画を見たり、ゲームを楽しんだりする際には表側の液晶画面を使い、電子書籍を読むときには裏面のEインクを使うという使い分けが可能だ。対応する電子書籍のフォーマットはDRMフリーのePub形式とテキストファイル形式。これら形式のファイルをiPhone 7から「Oaxis InkCase i7」に転送して読む仕組みだ。

日本ではDRMフリーの電子書籍提供元は、青空文庫などほんの数か所にとどまっている。だが、海外には電子書籍提供サイトは多く存在しており、Oaxisはその例としてLoyal Booksをあげている。Loyal Booksは、数は少ないが日本語書籍も提供している。

「Oaxis InkCase i7」で日本語書籍を表示した例
参考画像:Loyal Booksが提供するレイモンド・F・ジョーンズ氏の作品「火星の記憶」(翻訳は林清俊氏)
「Oaxis InkCase i7」での表示例

電子書籍を読まない人にとっても、「Oaxis InkCase i7」にはメリットがある。電子ペーパー画面に好みの画像や時計、カレンダー、そしてタスクリストなどを常時表示できるのだ。この機能を使えば、その日しなければならないタスクを、ポケットからスマートフォンから取り出してすぐに見ることができる。電源ボタンを押すなどの操作が一切不要なのが、この機能の魅力だ。

筆者はこのケースのAndroid版を保有していたのだが、スーパーなどに買い物にいくときの買い物リストの表示によく使っていた。

もし同じことを液晶画面で実行した場合、バッテリーがすぐに減ってしまうだろう。だが電子ペーパー画面を使えば、表示さえる情報を変更しない限りはバッテリーは消費されない。うまく使えば、バッテリーを長持ちさせることができる。

iPhone 7を電子書籍リーダーにするスマホケース「Oaxis InkCase i7」…
電子ペーパー画面には、さまざまな情報を常時表示できる
画面を切り替えない限り、バッテリーは消費されない

もちろん、目に優しい、明るい場所でも見やすいといった電子ペーパーのメリットはそのまま享受できる。

iPhone 7を電子書籍リーダーにするスマホケース「Oaxis InkCase i7」…

正直、万人におススメできるデバイスではない。電子書籍リーダーとして利用する場合、書籍の入手やファイル形式の変換、そしてケースへの送信などにひと手間必要となる。また、表示も完ぺきとは言えない部分もある。だが、そのような手間を面倒と思わず、むしろ楽しめる人には、これは良いデバイスだ。

販売元のOaxisは現在、同社オンラインショップでプリオーダーを受付ており、期間中は99ドルで購入できる。プリオーダー期間終了後は110ドル程度になる見込み。日本への送料が別途8.7ドル必要となる。