Amazon.co.jpの電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite(キンドル・ペーパーホワイト)」に本体カラーがホワイトのモデル 「キンドル・ペーパーホワイトホワイト」が登場した。名前はまぎらわしいがカラーは落ち着いた雰囲気だ。


これまで電子書籍リーダーになじみがなかった人でも身近に感じられるカラーという。上位機種「Kindle Voyage(キンドル・ボヤージュ)」 「Kindle Oasis(キンドル・オアシス)」でも採用している6型300ppiの電子ペーパーディスプレイを備え、直接目を照らさないフロントライト、数週間持続するバッテリーも搭載する。

タブレットやスマートフォンと異なり、TwitterやFacebookの通知は届かないが、その分読書に集中できる。明るい日差しの下でも、暗い寝室でも利用できる。3G搭載モデルでは、追加費用や契約なしで3G回線が使え、Wi-Fiがない場所でも、いつでも電子書籍をダウンロードできる。


価格は既存の「ブラック」モデルと同じで、1万4,280円(税込、以下同じ)から。「Amazonプライム」会員は1万280円から購入できる。