動画をタテむきで見ているところ
動画視聴はタテ向き派?ヨコ向き派?

あなたはスマートフォンで動画を見るとき、画面を「タテ向き」にしてみるだろうか、それとも「ヨコ向き」にするだろうか。とある調査によると、最近はタテ向き派が多いらしい。

スマホで動画視聴する際の向き
タテ向き派が目立つとのこと(出典:モバーシャル)

動画制作会社のモバーシャルが8月9~17日にインターネット上で調査を実施し、20~50歳代の男女700人から回答を集めた。

動画を「タテ向きのみ」で視聴している人は34.7%。去年の調査の27.6%に比べると増えている。

「ヨコ向きのみ」は28.4%で、去年の38.9%から減った。「両方」は36.9%。

性別で見ると、女性は約4割以上がタテ向きのみで動画視聴している。

普段見ている動画の尺が短いほどタテ向きで見る人が多くなり、時間帯別では6時~18時までのあいだはタテ向き視聴が優勢になる。タテ向きで視聴する人が好む動画は「音楽系」「ニュース系」「動物系」が多い。

またタテ向きに関する意見を尋ねたところ、次のような回答があった。

・ドラマ等は横にして、なるべく画面を大きくして見る。音楽を聴くときは、そんなに映像を重視しない為、縦で見る。
・長く見たい時、大きく表示したい場合は横、ただちょっと見たい動画は縦向きで短時間で見終わる
・普段スマートフォンをタテ向きで使うことが多く、タテ向きでロックしているから
・内容によって、より大きく見たいときは横画面で、大きくしなくても支障がない動画は縦画面で見ている。
・横向きにして持つのに慣れていないし、操作性も考えると、いつも通り縦向きの方がやりやすい

モバーシャルによるとYouTube、Vimeo、Facebook、Twitter、Instagram、Snapchat、Snow、Periscope、Meerkatなどで「縦型動画」への対応が進んでいる。スマートフォンを「タテ向き」のまま動画に撮影、投稿する人も多い。CNN、MTV、VICEなどのメディアも縦型動画を毎日作成、配信している。

テレビやPCの液晶画面を見慣れた世代にとって、動画とは「横型」が当たり前だったが、常識は徐々に変わっていくのかもしれない。