ロボネコヤマトのロゴ
ネーミングがかわいい

自動運転を生かして荷物をはこぶ「ロボネコヤマト」計画が話題だ。ヤマト運輸とディー・エヌ・エー(DeNA)が進めている。

2017年3月からの1年かけて実験する。「オンデマンド配送サービス」と「買物代行サービス」の2種類を手掛ける。実施場所は国家戦略特区のいずれかの地域を検討中。

オンデマンド配送サービスは、荷物を受け取る人が望む時間や場所を指定できる。スマートフォンで荷物の現在地や到着予定時刻を確認することが可能。共働き夫婦やひとり暮らし向けだ。

買物代行サービスは、地域のいくつかの商店から必要なものをインターネット経由で購入し、一括で運んでもらえる。小さな子どもを持つ家庭や高齢者向けだ。

自動運転は、実験期間内に一部のみ利用するという。それまでは人間が運転するクルマを使う予定だ。

ロボネコヤマトの車両
まずは人間が運転するクルマを利用

人間が運転するクルマは、市販モデルをベースに、後部座席に荷物の保管ボックスを設置したものとなる。自動運転を導入したクルマについては詳細未定だ。